オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

アンコール遺跡の街 シェムリアップからお届けする現地情報♪

カンボジアではそろそろお盆(カンボジア語でプチュン・ベン)の時期。今年は明日、9月30日から3日間がお盆休み!年間行事の中で一番大切で大きな行事となります。

日本では、お盆にお墓参りをしてご先祖様を供養しますが、カンボジアではお寺で、ご先祖様の供養を行います。日本と違うところは、お盆までの2週間の間にカンボジアの人たちは早朝、それも午前3時から4時の間にお供え物を用意して、お寺へ行くんだとか!!

普段から、カンボジアの朝は早いと思ってましたが・・・・・私からすると、朝というより深夜(笑) 朝に弱いウェンディー調査隊ですが、深夜のお寺で何が行われているのか?!偵察に行ってきました。

午前4時半・・・・・すでに本堂の中はいっぱい。

20160922_042138 (600x450)20160922_041435 (600x450)

 外にも本堂に入りきれない人がこんなに・・・・ 普段は真っ暗で静かなお寺も、この日は大勢の人と、ろうそくのほのかな明かりで賑わいます。

20160922_043653 (600x450)

20160922_044754 (600x450)

そして、みんなが手に持っているのは、これ。

20160922_042357 (600x450)ご飯を団子状に丸めたものや、くだものがに彩りも鮮やかに盛り付けられています。ウェンディーのスタッフに聞いたところ、昔は家で準備していたそうですが、最近では忙しい人も多くなったせいか、お寺の前で売っているものを買ってくる人も増えたそうです。

20160922_042502 (600x450)お祈りは2時間ほど続きます。5時前になると、ぞろぞろと本堂から人が出てきて、外に並び始めました。いったい何が・・・・?

20160922_045801 (600x450)20160922_045820 (600x450)このあと何が起こったかというと・・・・・・・!
なんと、みんなで本堂の周りをぐるぐる回り始めたかと思うと、手にしていた団子を・・・・・・ あ!! ポイポイと投げ始めたではありませんか!お寺でポイ捨て?!まさか。。。

いえいえ、よ~く見てみると、ちゃんと本堂の周りにいくつもカゴが用意されていて、みんなその中にお団子を投げ入れてるんです。20160922_050329 (600x450)20160922_050159 (600x450)それにしても、不思議な光景ですよねぇ?なにか意味があるんでしょうか? そこでウェンディースタッフにまたまた聞いてみたところ・・・・ 驚くべき事実が!

生前に悪いことをした人は、成仏してからもお寺の中に入ることができないため、まずはお寺の中で良い行いをしたご先祖様の供養(お供え物)をし、その後はお寺の中に入れないご先祖様のために、外に出て団子を撒いて供養するんだとか。ご先祖様が天国にいるのか地獄にいるのか、私たちにはわからないので、こういう供養の仕方をするそうです。

なるほど。。。。所変われば、なんとやら。

カンボジアにきて感じたことですが、お年寄りはもちろん、若い世代の人たちの信仰深さに感心します。敬虔な仏教徒が多く、お寺へお参りに行くことや、お布施することが、あたりまえの日常になっているんですね。

20160922_041903 (600x450)早起きは辛かったですが、神聖な朝を迎えられた気がしました。

カンボジアに来られた際は、アンコールワットはもちろんですが、お寺参拝してみては?

ツアーでは感じられない、何かが得られるかもしれませんよ。

**お寺は神聖な場所です。訪問される際は服装やマナーにご注意ください!