オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

チョムリアップスォ~!

シェムリアップ支店です。

 

今日は久々の快晴!日差しがまぶしいです。

 

8月はほとんど雨の降らなかったシェムリアップですが、9月に入ってからほぼ毎日雨が降っています。

農家さんにとっては恵みの雨ですね。

 

 

さて、先日シェムリアップ空港(国際線)へ行ってきたので、空港内の様子をちょこっとだけお見せします。

 

カンボジアの空港は日本の空港の様に誰でも入れる訳ではなく、飛行機に搭乗する人しか入れません。

空港入り口にはセキュリティーが立っており、パスポートとEチケットの提示を求められる事があります。(外国人はほぼスルーされ、カンボジア人は止められ提示しています)

 

 

チェックインカウンターにてチェックイン後、出国審査場へ向かうのですがその途中、以前は無かったボーディングパスをスキャンする機械があるではないですか!!

 

これにはビックリ。

 

 

カンボジアも進化してるのねとしみじみ感じながら、ボーディングパスに印字されているQRコードらしき部分を機械にピッ!

するとゲートが開き、中へ進めます。

残念ながら写真NGでした。。。

 

 

 

出国審査ではツアー客の団体と時間が重なると時間がかかり、その後の手荷物検査では長蛇の列が出来(基本2ヶ所しかない)、某アジアの団体様が「あーでもない、こーでもない」と機内へ持ち込めない物を所持しており時間がかかる事が度々あります。

時間には余裕を持って空港へ行かれる事をオススメします。

 

 

今回は時間が重ならなかったのですんなり抜け出せました。

 

 

ちなみに、小さなお子様がいらっしゃる親御さま。

お子様用のジュースやお茶って、いざ子供が飲みたい時に売っていない場合もありますよね。

そんな時、いつでも飲める様にお子様用の水筒に飲み物を入れて持ち込む事ができます。

ペットボトルであれば、手荷物検査のときに没収されてしまいますが、お子様用の水筒で「子供が飲むもの」と分かれば、特に何も聞かれず持ち込みができました。

 

 

シェムリアップ空港はとても小さな国際空港ですが、ちゃんと免税店もあります!

 

 

 

 

買い忘れたお土産や、自分へのお土産に最後空港でのショッピングも楽しめます♪

 

 

 

実はカンボジアは胡椒が有名って知っていましたか??

カンボジア料理にもよく使われ、香り、味ともに「世界一」と言われています。

是非、カンボジアに来たら胡椒をお試し下さい。

 

 

 

個人的にこの黄金に輝く仏像がとても気になってしまい1枚パシャ!

 

 

上品で素敵なカンボジアシルク。

私もいつかカンボジアシルクの似合う品のある女性になりたいです!

 

 

免税店を抜けると、飲食が出来るスペースがあり、本屋さんなどもあります。

 

 

こちらはフードコート。あまり大きなスペースではありませんが

牛丼の吉野家や、バーガーキングなどもあり、小腹が空いていたらこちらでサクッと食事を済ませ、飛行機に乗り込む事ができます。

他にもFCCレストランやコーヒーショップもあるので、フライトまでゆっくりコーヒータイムを過ごす事もできます。

 

 

私は呑気にバーガーキングでポテトを食べていたら、既にボーディングが始まっており慌てました。

 

 

カンボジア出発前に、シェムリアップ空港を探索(と言っても小さな空港ですが)してみて下さい☆

 

 

是非こちらにも顔をはめ、写真を撮ってからご出発くださ~い。