【バリ島】ツアーのお手配あウェンディーツアーバリ! 【バリ島】ツアーのお手配あウェンディーツアーバリ!

オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

オフィシャルブログ

こんにちは、ジャカルタからあすかです。

今度こそ、メダン情報最後になります。

 

今までの旅はこちらから

1. ここは行きたい、カローナ温泉    →2. 活火山シナブンとグンダリン展望台

3. 絶景のテレ展望台          →4. レイクビューが最高なサウリナリゾート

5. 湯加減サイコー、パングルラン温泉  →6. バタック族の王の村アンバリータ

7. バタック族の王の墓地

 

さて、バタック族博物館ですが、前回案内した墓地から歩いて5分程度の場所にあります。

残っている建物は左奥に見えているこのお家だけ…

正面から。バタック族の王の家です。ほんと、写真撮るの下手でごめんなさい。

前回もお話ししましたが、バタック族の王と言っても部族長のようなものなので、

王の家もたくさん建っています。

で、この家がなんで王の家か分かるかというと、階段の付き方でわかります。

階段を登って家の中に入るとき、頭を下げてお辞儀するように家の中に入っていきます。

王は通常、建物内にいますので、王に頭を下げるような感じになるんですね。

ちなみに前々回に出てきたアンバリータの村は、王の家の階段は石造りになってました。

ぜひチェック!!

ちなみに庶民の家の階段はこんな感じ。

どっちにしてもドアの高さが低いのでかがむことにはなりますが、

家の装飾にしてもやっぱり一味違いますよね。

で、話は戻ってバタック族博物館。中はこんな感じで、

この王の家は、内部も広々してました。

当時、黒魔術に使われたのではないかと思われる置物や、

からくり人形なんかもありました。

写真ぼやけてますが、人形が立っている台の奥の方にハンドルがありまして、

バタック族の伝統的な踊りを模すような動きをします。

そういえば、アンバリータの村にもありました。こっちの方が写真がキレイ。

日本のからくり人形みたいなものですね。

お墓の装飾に使われた置物などがありました。

外には、またも裁判や会議に使われたと言われているテーブルとイスも。

歴史に興味のある人には、楽しめるところではないかなぁ。

私も当時の生活なんかを思いながら、楽しみましたよー。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Batak Museum

住所:Tomok, Kabupaten Samosir, Sumatera Utara, Indonesia