オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

こんにちは☆ウェンディーツアークアラルンプールのMIKIです!
 

さて今回はヒンドゥー教の祭り<タイプーサム>に行ってきましたので
その様子をお伝えしたいと思います。
 

と、、こちらの祭り、祭りといっても過激すぎるため、今ではマレーシアとシンガポールでだけで行われており、その他の国では禁止されているので、写真もちょっと痛そうなもの。。もありますので
そういうのが苦手な方は見ないほうがよいと思いますっ
 

********

まずは行きの列車から普段とは違う雰囲気。
少しずつこれからどんなものが見られるのかとワクワクと同時に不安も!
電車で向かい、バトゥーケイブ駅で降りるともうすでに人ごみでびっくり@@
 

IMG_0135

そして普段のバトゥーケイブとは全然違う!
例えばお清めの為に髪をそるので、そこらじゅうに即席の散髪屋?があり、
道路には、ちぢれた黒髪が散乱しております!
 

やってきました本日の主役の苦行者たち。
噂には聞いていましたが本当に太いクギなどを体中や顔にさしてるんですね~。。
彼らはこれでチャイナタウンにあるスリ・マハ・マリアマン寺院からバトゥーケイブまで既に17キロほど歩き続けてており、トランス状態。中には目を合わせてはいけないのではないかと思うほどの狂気を感じる人もいました!
 

IMG_0142

IMG_0148

IMG_0162

バトゥーケイブは272段の階段があるのですが、この階段を苦行者達は大きな一人用飾り神輿
(カバディというそうです。)をしょって上まで気力でのぼるのです。
 

IMG_0151

とにかく人混みと熱気といろんなにおいとでぐちゃぐちゃになりながら、私達ものぼりましたが、
途中で気絶している人何人も見ました…
その他の国で危険すぎて禁止になるという理由が分かりますー

IMG_0182

とにかく疲れ、下りの階段もぐったりでしたが、そんなこと言ったら申し訳ないと思うくらい
苦行者達にとってはまさに苦行だなーと。
信仰の力とはすごいものですね。
 

IMG_0180

これまさにマレーシアだからこそできる経験です!
一度は見てみることをお勧め致します、来年はきっと行かないと思うけど笑

IMG_0163

今回ご紹介したバトゥーケイブ、普段は観光地としてクアラルンプール終日観光ツアーにも含まれています。気になった方はこちらまで、どーぞっ→クアラルンプール市内とバトゥー洞窟観光ツアー