オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

 

こんにちは! SMI Wendy Tourクアラルンプール支店でインターンシップ生としてお世話になっているひろきです!

 

本日は、マレーシアの古都であり世界遺産にも登録されている『マラッカ』を観光してきましたので、ご紹介いたします!

 

マラッカはマレーシアの中でも歴史的にとても古く、中でもヨーロッパから影響を受けた建物がたくさん存在しているので、様々な文化的、歴史的な建物を眺めることができます!また、中華系移民とマレー人女性の混血によって生まれた男子を「ババ」、女子を「ニョニャ」と呼ぶ、マレーシア民族「ババニョニャ」が存在しているため、「ニョニャ」料理が有名です。

 

首都のクアラルンプールから車に乗って約2時間ほどでマラッカにつきました!途中、クアラルンプールから離れるにつれて森林も多くなり、また首都の賑やかさとは違ったマレーシアを感じられることができます。

今回のバスガイドさんはこの道20年のベテランLIMさんがガイドをしてくれてマラッカについて詳しく解説してくれました!マラッカに降り立った時、中国的な建造物やヨーロッパ的な建造物がいろいろなところで見ることかでき、異世界のような感覚になりました!

 

今回、まずはじめに「ババニョニャヘリテージ」に行きました!

中は撮影が禁止ということで、写真を撮ることができなかったのですが、日本では江戸時代だったころに大金持ちの方住まわれていたそうで、豪華な装飾が施された家具があったり、当時、なかなか手に入れることができなかったアイスクリームを作る機械もあったりしてとても豪華で広い建物でした!

 

そして次に向かったのがマレーシアの中でも最も古い「青雲亭」!

中は、中華的な豪華な装飾が施されており、中国の歴史的な華やかさを感じられます!

 

そして次に訪れたのが、「オランダ広場」!

この日はたくさんの観光客でにぎわっていました!キリスト協会の綺麗なピンク色なので写真映えするところだと思います!

 

 

階段を駆けのぼり、これは「セントポール寺院」からの景色です!

後ろには、マラッカ海峡を眺めることができてすごくきれいでした!オレンジ色の屋根をした家々が連なっているのもすごく異文化的な雰囲気を感じられました!

 

 

ツアー最後にマラッカの伝統的料理、「ニョニャ」料理を食べました!

カレー、白意味魚のフライ、回鍋肉、揚げ豆腐のような料理は日本人でもなじみやすくとてもおいしかったです!一番のイチオシは白身魚の揚げフライです!

 

 

魅力がたくさん詰まった古都のマラッカ!まだまだご紹介したいところがたくさんあるので、少しでも興味を持たれた方いましたら是非、マラッカを訪れてみてください!

 

マラッカ日帰りツアーはこちらのURLからご予約できます! http://malaysia.wendytour.com/tour/683_K07.html