オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

こんにちは。

5年ぶりの日本の冬の寒さに震えている、一時帰国中のウェンディ研修生です!(笑)

今週は旧正月の準備に賑わう迪化街の『年貨大街』をご紹介します。

 

wen1

 

台湾で最も有名な『年貨大街』が開かれる迪化街は、台北駅の北西にある大稻埕という地区の中心を通る道です。側に海へ続く大きな河があることから、台北地区の物流の中心だったそうです。 普段は茶葉や乾物、そして漢方の問屋街として有名な迪化街ですが、旧正月が近づくと雰囲気は一変。赤と金に彩られた旧正月の飾りや、家族団欒に欠かせない、いろとりどりのお菓子たち。そして、カラスミや中華ソーセージなど、ちょっと贅沢なお節の食材が街に溢れかえります。

 

wen2 wen3

wen4

 

研修生が今年訪れたのは、開催初日の土曜日と月曜の平日。週末には雪が降るほどの大寒波だったにも関わらず、大勢の人で賑わっていました。

 

wen5

 

今回は日本に台湾のお正月を届けるという目標のもと、乾燥フルーツや漬物をターゲットに、真面目に通りを物色…。しかし実に店が多く、売っているものも大体同じなので、通りを二往復したところで適当なところで妥協(笑)

 

wen6

 

戦利品は、乾燥タロイモとオクラ、釈迦フルーツ、お正月用シナチクに使う酸菜、そしてお土産用に各種プーアル茶と煮物用漢方、大稻埕銘菓の平安亀です。本当は台湾ソーセージも持って帰りたかったのですが、検疫対象品なので断念(空港に売っている検疫証明済のものは大丈夫なことも)。 期間は毎年変わりますが、今年はは2月6日(土)までなので、台北に訪れる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね♪

 

台北年貨大街(迪化街)へのアクセス MRT北門站から徒歩10分、MRT(高速鉄道、台湾鉄道)台北駅から地下道で徒歩20分 MRT大橋頭站から徒歩5分 南のほうが賑やかなので、北門站側から行くことをオススメします♪

 

wen7

 

以上、研修生からでした~。