オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

交流協会台北事務所から下記注意喚起が来ました。

以下転記致します。

 

2016年11月15日
交流協会台北事務所

(ポイント)
最近、台北松山空港内において、日本人や韓国人の旅行客を狙ったスリ事案が連続発生しているとの報道がありますので、十分ご注意下さい。

(内容)
1, 12日、日本人旅行客が台北松山空港内のエスカレーターに乗ったところを、中国人2人によりスリ被害に遭うという報道がありました。

2, 本件の犯人は、台湾から出境しようとする日本人旅行者や韓国人旅行者に狙いを定め、旅行者がエスカレーターに乗ったところを追尾して後方から財布を窃取するものであり、繰り返しスリを続けていたとのことです。

3, 本件については、現場付近を警戒中の警察官により、犯人は二人とも現行犯逮捕されましたが、同種事案の被害者とならないように、以下の点に留意してください。

・ バッグ類は体の前に抱えるようにして持つ。
・ 財布や貴重品は、ズボンの後ろポケットやバッグの外側ポケットには入れない。
・ 不審者に尾行されていると感じた場合、後方を何度も確認し、それでも相手が尾行を続ける場合は、警察に通報する。
・ 万一被害に遭った場合には、速やかに警察に届け出る。また、クレジットカード等を盗まれた場合にはカード会社に連絡を入れる。特に、飛行機搭乗後にクレジットカード等がないことに気付いても、直ちにカード会社へ連絡することは難しいため、飛行機搭乗前にクレジットカードがあることを再確認する。