オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

こんにちは、ウェンディーツアーの新参者です。

今日は「猴硐(ホウトン)」を紹介させていただきます。

猫派に愛される、ここ「猴硐」はCNNに「世界六大猫の観賞地」と賞賛されたのがきっかけで、新北市から2009年に観光地され、注目が集められてきました。

 

 

台北から「猴硐」まではおよそ一時間かかります。新参者は端午の節句の連休に行ったので、ものすごくたくさんの観光客が訪れていました。

 

 

大きな猫の鈴が吊られていますね。いろいろな形があります。

 

 

実はここ、昔は炭鉱でしたが、炭鉱の選鉱などの作業をする工場がそのまま廃棄され、残されています。黒い猫はその工場を眺めていますね。昔の名残をとどめる工場です。また、写真の左の部分は猫の形につくられた橋なんですよ。

 

採鉱の風景を再現したかわいい猫達です。

トロッコに乗る体験もあります。トンネルの中には何があるんでしょうか。

眼つきは鋭いですが、実はおとなしいです。

眠い猫一号です。餌をあげても相手にされません。

眠い猫二号です。雨の水が溜まっててまるで島にいるようですね。

見てるかい?愚かな人間って言わんばかりの顔ですね。

なぜそんなに多くの猫がここに集められたというと、以前はネズミが多かったため、猫を飼って、ネズミを取ろうとしていたのですが、猫の繁殖力が強すぎて、猫が増えすぎてしまったというわけです。また、ここに捨てられた猫もいて、野良猫になりました。最近、「猴硐」の猫達を守るため、愛猫家に「猫村」として整備されました。

「猴硐駅」の看板です。かわいい猫の列車長です。猫が好きなあなた、ぜひおいでくださいね。