オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

 

こんにちは! ウェンディーツアーです。

台湾に来たらぜひ体験してみたい太極拳。

ウェンディーツアーでは太極拳体験コースをご用意しておりますが、

本日は太極拳の先生からのレポートをご紹介します!

.

お客様は、広島からいらしたAさん。普段は医師としてお仕事をされ、この度は台湾・東亜再建微小外科(台湾では重建顕微外科)での招待講演のため訪台し、その合間を縫っての体験でした。

.

現在、沖縄の首里手への源流回帰を目標とする、今野塾の空手を習っていらっしゃいますが、武術漫画「拳児」を読んでカンフーにも興味を持ったのと、北派拳術の影響があると言われる首里手への八卦門や形意門などの影響について、何かヒントがあるかと思い、体験に申し込まれたそうです。

.

お申し込みの際、「形意拳の五行拳のうち、特に“崩拳”をやりたい」とのリクエストがありました。

.

当日は小雨だったので、冬でも適度に暖かい地下運動場で行いました。関節をほぐし、筋をストレッチしつつ、螺旋の動きにも慣れるよう準備運動から開始。この動きが、型の練習の際にも活きてくるのです。すぐ体が温まり、Tシャツ姿になりました。

.

本格的な体験では、ボクシングや空手のパンチとは違う、独特の理論に基づく“崩拳”を中心にやりました。要点さえ押さえれば、力まなくても相手を吹き飛ばしてしまうほどの効果が得られます。まずは型をお見せし、一緒に動き、原理や用法を説明し、パンチ用シールドを使って、実際に打つ練習もしました。

.

Aさんは流石に経験者なので、呑み込みが非常に早かったです。時間にゆとりがあったので、“崩拳”以外の4つの拳もできました。また、リクエストにお応えし、十二形拳のうち、鶏や猿の型などもお見せしました。あっという間に1時間が終了し、Aさんも満足されていたようですし、私自身、とても楽しかったです。

.

もちろん、全く経験のない初心者の方でも、太極拳だけでも、大歓迎です。分かりやすく丁寧にお教えいたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

お申し込みはこちらから→太極拳体験(少人数限定)1時間コース

太極拳先生のご紹介ではこちら→https://dojos.org/archives/625