オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

ソネヴァキリは大自然の残るクッド島にある“自然との共存”をテーマにしたリゾートで、バンコクからのアクセスは専用セスナを利用します。

生い茂るココナッツの中に建てられた木造のヴィラはなんと広さが403㎡から!!

さらに全室プライベートプール付き!!

 

贅沢な空間の中で、ソネヴァキリの合言葉「NO-NEWS, NO-SHOES」を満喫してきました☆

 

まずは空港の専用カウンターでチェックイン。ドンムアン空港のカウンターはターミナル①の5Pにあります。 *2018年現在は、スワンナプーム発着のセスナのみとなりました。

DSC08858

 

荷物は20キロ/人まで。チェックイン後、係員が中に連れて行ってくれます。

ターミナルからは専用の車でセスナまで。

ラッキーなことに、8人乗りの一番前で直ぐそこにキャプテンがっ!

DSC08861 DSC08863

 

約1時間半のフライトを経て、とうとうクッド島へ!

ソネヴァ空港は、クッド島のすぐ西の小島にあり、そこでバトラーさんがお迎えしてくれます。

DSC08994 DSC08993

スピードボートで5~10分、とうとうソネヴァキリへっ!

 

すぐさま「NO-NEWS, NO-SHOES」とソネヴァ時間(昼間を長く体感してもらうための配慮で、時差+1時間です)の説明があり、素足で砂を踏みしめながらお部屋に直行!

DSC08868DSC08870DSC08871

 

ヴィラ内にはベッドルームとクローゼット、ダイニングとリビングルーム。これまた広いバスルームにはダブルシンクのみならず、ダブルシャワーまで。+バスタブ。お手洗いもベッドルームと外の計2つあります。

DSC08874 DSC08879DSC08872DSC08890

これはもう広々過ぎてどこに居ればいいのかわからないほど。

しかもどこもかしこも、まったりできるくつろぎのスペースになっています。

 

バトラーのペンちゃんがリゾート内もご案内してくれました。

まずは乳幼児~3歳までのキッズルーム「ECO DEN」へ。お昼寝のスペースもあります。

DSC08950

 

次は4歳以上の遊び場「DEN」へ。

大人でも胸躍る、森の中にひっそりとたてられたそれはまるで秘密基地!

ゲームルームやミュージックルーム、アートルームなど、1日居ても飽きない工夫がされています。もちろん常にスタッフが子供の面倒を見てくれていますので、パパママにも嬉しいサービスですね。

DSC08961 DSC08962 DSC08966 DSC08960

 

お次はビーチ!

このビーチで、夜はバーベキューディナーも行われます。

DSC08905 DSC08904

次はソネヴァといえばの「チョコレート&アイスクリームルーム」へ。

そうなんです、滞在中、いつでも、好きなだけ食べていいんです!

DSC08911

 

その他、ヨガクラスや、天体観測ルーム、大自然の中で巨大スクリーンを使っての映画鑑賞など、飽きさせないプログラムがたくさんあります。

 

そしてお食事。

新鮮なオーガニック食材を使ったお料理は、すべて素材の味がしっかり生きてて本当に美味!あまりの美味しさに、普段は茹でるアスパラガスやベビーコーンもそのまま生で食しました。ステーキもお肉柔らか、肉汁じゅわ~で、幸せです。

DSC08920DSC08924DSC08932DSC08937DSC08942

 

他にも書ききれない程に、いたるところにソネヴァマジックが溢れています。

ずっと憧れのリゾートでしたが、ここは滞在して体感して初めて真の素晴らしさがわかる場所。

タイ在住者は特別プロモーションがありますので、是非タイに居るうちに一度は滞在してください!

 

最後に。

「NO-NEWS, NO-SHOES」のままセスナに乗ると、バンコク空港で恥ずかしい思いをします。セスナに乗る前に、現実社会に戻るための靴をお忘れないように。

 

以上、ソネヴァキリリポートでした!