オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

先週、少しお休みをいただいて日本に帰ってきました。梅雨入り前で気持ちよく
晴れる日もあり、涼しく爽やかな日本の気候(みなは暑くなったと言ってましたが)
を楽しんできました。

そして、気温38度、湿度80%以上のハノイへ…。機内を出ると包まれるモワモワ〜と
した空気に、体が一気にベトナムモード。

タラップを降りるとシャトルバスがやってきます。初めてハノイに降り立った時は、
京都の中古バスが活躍していましたが、今は、ちゃんとしたシャトルバスです。
Air1

Air2
(シャトルバスから撮った光景)

空港ターミナルに着いて中に入るとイミグレーションがあります。イミグレーションは
ブーメラン型のターミナルの真ん中にあって、そこからAロビー、Bロビーに別れます。
その間に仕切りはなく、どちらのロビーにも行けてしまいますが、自分の乗ったフライトの
荷物がどちらに出てくるかを確認しておかないと、荷物の出てこないターンテーブルの前で、
変だなぁと思いながら、ずっと待つことになってしまうので注意しましょう。
(団体ツアーなどで、数人のお客様だけぜんぜん出てこないという場合、逆のロビーに
 行かれてしまっているケースがあります。)

さて、荷物がピックアップできたら、税関を通過して、到着ロビーに出ますが、前回
お伝えした時とちがって、ロビー出口前のスペースは仕切りがされて、そこでは待て
ないようになっていました。
Air3

ロビーの見通しがよくなり、後方に立つガイドのバナーも目に付きやすくなったし、
人ごみにまぎれて現れる白タクや偽ガイドも悪さがしにくくなったのではないでしょうか。
これでひとまずは安心ですね。

Air4
(ガイドやドライバーさんはやはり赤い線のところにスタンバイしてます。)