オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

シンチャオ!
ホーチミンより、ぐっちゃんです。
田舎育ちの自分、自然に囲まれた場所にエネルギーチャージしに行けたらな…と
フツフツしていたところ、ホーチミン近郊の自然豊かな場所にゆくチャンスがやって来ました。
今回は2回にわたってレポートします!

【カンザー地区とは】
ホーチミン市の南端に位置する地区。
東京23区がすっぽり埋まるぐらいの広さにマングローブが群生する、豊かな自然に恵まれた地域。
2001年1月にユネスコにより生物圏保全地区に指定されている。
ベトナム戦争中、枯葉剤の影響でほぼすべてのマングローブが打撃を受けたが、戦後、ベトナム政府や地域住民・ボランティア・NGOなどの積極的な植林事業によって、現在は豊かなマングローブ群生地として再生されている。

カンザーの自然は、みんなで再生させた結果でもあるんですね。
ありがたく楽しんできます!

では出発しますよ~。
ホーチミン中心部から約30分、最初のフェリー乗り場につきます。

この船で車ごと運んでもらいます。

10分ほどで向こう岸に着いたら、ボート乗り場までしばしのドライブ。
すでにホーチミン市内の喧騒とは別世界、すれ違う車もゴクまばら。
この先何が待ってるのでしょう。。わくわく。


スピードボートに乗り換えて。


地元漁船を交わしながら、風を受けて走ります。


陸につきましたよ。おや、つりぼりが。
カニの釣り堀だそうです。あんま釣れないそうです。賢くなったのかな。


釣り堀の奥に、手漕ぎクルージングが待っておりました。


      静けさ。


      静けさ。


      とにかく静けさ。

ついさっきまでホーチミン市内にいたとは思えないギャップを楽しみ、心が洗われました。

ボートを乗り換え、次にやってきたのはVAM SAT自然保護区。


ここを奥に進むと、、


      ワニだ。

ここから、鉄格子のカーゴ型の船に乗りまして、


ワニ釣り始めまーす。魚で餌付けします。来るかなー。


      きたきた。


      食べる?


仲間も来た~~!どうしよ、どうしよ!!

この日参加したイイオトナたち(もち自分含め)、みんな童心に帰る。
この興奮は是非ワニを釣って確かめてもらいたいと思います。

このあと自然保護区内の展望台に登り、ジャングルの向こうにメコン川の支流を見ました。

あまりあか抜けてない自然保護区というのが、かえって貴重に思えました。ジャングル感が強い。


このはるか向こうにホーチミンの街があるのか。。


この展望台を登るには、の上には、見た目フリーフォール?みたいなこの階段を上り下りします。歩きやすい靴マストです!

次回(その2)に続きます~!