【バリ島】ツアーのお手配あウェンディーツアーバリ! 【バリ島】ツアーのお手配あウェンディーツアーバリ!

オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

オフィシャルブログ

お疲れ様です。あすかです。

本日2つ目のブログ更新です。

早くUPしてしまわないと、忘れそうです。

先程のティルタ・サヤカに続いて行ったのは

グヌン・パンジャン!!

ティルタ・サヤカから道路挟んで目の前。

でもティルタ・サヤカみたいな立派な(?)ゲートは特にありません。

この写真の目の前は大きな駐車場!
4ブロックに別れていて、バスも余裕で入ります。

ただ、この駐車場に入るのが大変。

(きたない地図でごめんなさい)

ジャカルタ市内(左上)から走ってきて、グヌン・パンジャンの駐車場に入るために

Yoga Cellの角を左折することになるのですが、この角が狭い!

30シーターのバスがぎりぎりでしょうか…

駐車場は大きいのにな…(´・ω・`)

そして左折直後にエリア一帯の維持費となるのでしょう。Rp.2000を支払います。

あれ?駐車料金払った記憶ないから、駐車場代かな?

 

なんだかんだで車を停めたら、いよいよグヌン・パンジャンに入ります。

ここで入場料Rp.10,000

中に入っていくと懐かしの…

ドクターフィッシュ!!

古い角質を食べてくれるって以前、日本で大流行しましたよね??

30分でRp.10,000だそうです。

受付は特にないので、近くのお兄さんに払えばいいのかも。

ドクターフィッシュを左に見ながら進んでいくと、

こんな道を登っていきます。

注意:滑りやすいので気をつけて!!

それから虫よけスプレー必須です!

 

5分ぐらい登ると、

どーん!と脱衣場が。

そしてその向かいに

ちょっとした売店。

日本人の女1人なのが珍しいか、ものすごくフレンドリー。

そのまま脱衣場と売店を抜けていくと、

こんな感じで露天風呂があります。

やはり、平日のせいか、このお風呂には誰もいない…

となりのこじんまりしたお風呂には

1人風呂を楽しんでいらっしゃった…

そしてその後ろのお風呂は

こんな感じで、その奥には

笑顔のおじさま。

自分から「Photo, No problem」と言ってくれたので、

竹竿越しに失礼いたしました。

 

日本に比べてお湯は温め。

笑顔のおじさまが入っていたお風呂が一番上で、

お湯が湧き出ているお風呂だったのですが、

それでも日本の温水プールより温度は低いと思います。

でも暑いこの国ではいい湯加減かと…

 

かなりローカル色強めな露天風呂ですが、

温泉行く途中で道をそれるとこんな景色も。

アジアの田舎感満載!

 

ちなみに入湯料はRp.10,000

 

言葉は通じなくてもフレンドリーなおじさまたちがいれば、

楽しい思い出になるんじゃないかな。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Gunung Panjang

住所:Cogreg, Bogor, West Java, Indonesia