オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

こんばんわ!
ウエンディーツアーペナンのCOCOです。

ペナンのジョージタウンには壁画アートやワイヤーアートが目に入ってきますが、とってもユニークですよね。観光名所の合間にちょっとホッコリさせてくれるアートがいろいろ。ジョージタウンの街おこしの一つとして、今ではあちこちで目にするワイヤーアート。ペナンの風習や民族の文化を表現しているのですが、何のことかなーって思うことってありませんか?
20140619_105853
この写真はLebuh China(旧チャイナ通り)とJalan Masjid Kapitan Keling (カピタンクリンモスク通り)がぶつかる角、ちょうど観音寺の向かいにあるワイヤーアートです。その昔、Lebuh Chinaには賭博やアヘンのたまり場となっていました。
このワイヤーアートが意味しているのは、Tok Tok麺(今のワンタン麺、2本の木の棒をたたいてTok Tokという音を鳴らしながらワンタン麺を売りにきたことから名づけられた)が来たけれども、2階に居てアヘンを吸ってて頭フラフラで買いに行けない人達や下に降りるのが面倒な人達が
窓から紐をたらしてぶらさげたカゴにお金を入れてTok Tok麺(ワンタン麺)を売買したことを表現しているそうです。

Love Lane (13)
こちらはラブレーンとチュリアストリート。バックパッカーの安宿が並ぶ通りで、おっちゃんがバックパッカーにマッサージしないか、と声をかけている様子を表したものです。
Love Lane (10)
ラブレーン
20140428_180249
チャーチストリート

などなど。

ワイヤーアートも日本語ガイドの案内で見ると、背景が分かってより一層楽しめますよ。http://malaysia.wendytour.com/tour/184_p02.htmlへ行ってみよう!



          ☆期間限定 ボルネオ鉄道キャンペーン☆

詳しくはこちらまで

banner-1412914124