オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

こんにちは。

ウェンディー5号です。

 

花蓮で有名なタロコ峡谷、お天気は全体的に良くはなかったのですが、所々晴れ間が見え、晴れると暑いくらい!!!

マイナスイオンもたっぷり、行きかう人々は台湾本国の方多くあまりガイジン(私達を含む)は多くなかったように思えます。

 さて、、ここからスタート!

往復1時間のハイキング開始です!

12231454_1069993443024633_1310057373_n (224x400)

 これも大理石ですよー。

山自体が大理石なので、右を向いても左を向いても大理石!

川の色も澄んでいてとってもきれい!

大理石の白と合いますね~。写真だけ貼っていきます。

12233429_1069992826358028_1789878497_n (224x400)

  12226326_1069996803024297_820522404_n (224x400)

12231317_1069998513024126_1221930149_n (224x400)

12233429_1069995049691139_381481709_n (224x400)

12248687_1070005889690055_1329545539_n (224x400)

きれいなマーブル模様の大理石。自然って凄いですね。

12235533_1070006003023377_1417161979_o (400x224)

12235557_1070005796356731_910300690_o (400x224)

こちらは「燕子口」という所です。

「燕の巣」のようにいくつもの穴が開いているところからそう呼ばれているようです。

下を覗くとかなり怖い、、、、

高所恐怖症の5号は恐る恐る下を覗きこんでいると、後ろから「わっ!」と。。。

もうびっくりーーー。

しかも全然知らないおじ様お二人でした。止めて~。心臓に悪い。。。

 12233289_1070035193020458_2039621761_n (224x400)

 12248661_1070033653020612_1099145978_n (224x400)

そしてこちらは。。。インディアンの横顔。ということです。

風化されて随分とそれっぽく見えなくなったようですが、昔はもっと鼻も高く、それっぽく見えたそうです。 

お目目は黒、鼻とあごを赤、水色はインディアンの頭飾り!?と、、絵心が全くない5号がちょっとお絵かきをしてみました。どうですか?

 12243997_1070035966353714_450867317_n (224x400)

もう1箇所は。。。山と空で台湾の地形になっているということですが、

この場に着いたときには晴れてまぶしいくらい。本当は上を見上げていくと

台湾の形になっているよ。ということなのですが、まぶしくて見上げられない~~

台湾のお尻の方だけ。。。雲の下の方が高雄あたり。

そう見えませんか???

 12248632_1070041679686476_1175018299_n (224x400)

国内旅行もいいものですね。

また何処かに連れていってね!

ウェンディー5号でした。

 

花蓮のツアーのご予約はこちらから↓↓↓

花蓮1泊2日ウェンディーオリジナルツアー