オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

こんにちは、ウェンディ7号です♪

緯度の低い台湾では、気温がほどよく涼しくなる秋冬が旅行シーズン!

ウェンディ台湾でも、10月初めに嘉義へ社員旅行に行って来ました。

 .

初日に嘉義観光をして、二日目は嘉義市内のホテルから出発!

向かうは阿里山の原住民鄒族(ツォウ族 旧名:新高族)の文化部落、「YUYUPAS鄒族文化部落」で、こちらは標高1300mの地点にあります。

 .

1476699806665

阿里山一帯の中ではまだまだ中腹ですが、それでもかなり高い∑(゚∀゚ノ)ノ

 .

1476699834669

竹で作った土壁に茅葺きの屋根は、鄒族の伝統家屋の特徴だそうです。

 .

こちらでは、阿里山の高山茶や猪と山菜を中心にした原住民料理、そして阿里山鄒族の歌や踊りを楽しむことができます。敷地のすぐそばには茶畑が広がり、収穫の時期に訪れれば伝統衣装を着た鄒族の女性達が茶葉を摘む様子を見れるかもしれません。

 .

1476699858727

鄒族の文化や歴史を展示した資料館、玉山老氏族ゆかりの方が案内してくれました

.

1476699893537

伝統衣装を着た鄒族の方が、名産の阿里山高山茶を淹れてくれます。

.

1476699920326

鄒族の踊り、勇ましい踊りから相手を困惑させる奇妙な踊りまであります。

.

1476699945230

どこまでも青々と広がる茶畑、なぜかとっても癒されます~

.

.

.

さて、阿里山鄒族の文化にふれて満足したところで、再びバスに乗り込みます。次の目的地は、阿里山で最も有名な観光地のひとつ「奮起湖」ここは、かつて嘉義駅から阿里山に向かう途中で、機関車を交換する場所であり、交換を待つ間、旅行客が昼食をとったり、休憩をしたりする場所でした。

.

現在も、嘉義からの登山鉄道が奮起湖までで通行止めになっているため、嘉義から来る阿里山森林鉄道の終点として、奮起湖の車庫ではディーゼル機関車や蒸気機関車などをみることができます。

 .

.

台湾でもっとも有名なお弁当「奮起湖弁当」もこちらで販売されており、老舗旅館「奮起湖大飯店」では、昔からかわらぬ素朴な弁当を提供しています。

.

機関車交換による観光客の増加に伴い、奮起湖はだんだんと賑わいをみせ、奮起湖の中心にある「奮起湖老街」は、100年の歴史を持つといわれています。日本では高い生わさびが手軽に買えるほか、たけのこなどの山菜の塩干しが人気です。

.

1476699967399

奮起湖の車庫、外観からすでにレトロな雰囲気です…!

.

1476700000638

.1476700021915

車庫内では、阿里山森鉄らしい赤のディーゼル機関車や、蒸気機関車を見ることができます

.

1476700049544

お昼は奮起湖大飯店で奮起湖弁当をいただきました!

鶏ももやスペアリブ、卵などが醤油でよく煮込まれていて、ご飯との相性バツグンでした。

アルミのお弁当箱も旅行気分を盛り上げてくれますね。追加料金でお持ち帰りもできます♪

.

1476700072678

奮起湖100年の老街、と呼ばれる半屋内の狭い商店街には、様々な高山名物が販売されています。

7号はこちらで、乾燥たけのこをどっさりお買い上げ。煮物にするとおいしいんです(つ∀`*)

.

.

.

名残惜しくも鉄道の時間が迫ってきたので、奮起湖駅から阿里山森林鉄道に乗車。

三列シートの阿里山森林列車は一般の電車の車両に比べてとってもスリム!

 .

2250m以上の高さを登るため、急峻な区間が続き、ループ線やスイッチバックを組み合わせ、数十のトンネルを潜って嘉義-奮起湖と阿里山-祝山などを往復します。列車の中では車掌さんが、中国語(とたまに英語)で頑張って解説してくれるので、二時間半の道のりも飽きずに楽しむことができます。

.

1476700097901

客車の部分@奮起湖 と…

.

1476700122288ディーゼル機関車@嘉義駅 です!

.

.

.

日本統治時代に阿里山のタイワンベニヒノキなどの豊富な森林資源輸送を目的に設置され、いまでは観光登山列車として、チケットが入手困難なほど大人気の阿里山森林鉄道。

.

弊社でも先日からツアーを取り扱っておりますので、下記から詳細をご確認ください。また、ご予約の際はお早めに(できれば三週間以上前に)、お申し込みくださいm(_ _)m

 .

詳細→阿里山森林鉄道で行く!奮起湖と原住民部落ツアー