オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

2009-11-25 龍の国ブータンへ 9

前回の続き さて、空港にて担当ガイドのターチュさんと会った後、ブータン王国首都のティンプーへ向かいました。 ティンプーまでの道中は道も整備されて大変快適でした。風景は 山 ・ 川 ・ 雲 が目の前に広がり、10年ぶりぐらいに大自然に癒されました。 ティンプーは何が有名なのでしょうか?  おそらくですが、 “世界で唯一信号の無い首都” ということでしょうか。  この上の写真がティンプーで一番の栄えて

>続きを読む

2009-11-23 龍の国ブータンへ 8

MR.アリーです。 先週は少しバタバタしており更新が滞っておりました。 前回の続き 前回ブータン王国は2004年12月から世界で初の 禁煙国家 と書いたのですが、禁煙国家といっても、タバコの販売は禁止されているそうですが、喫煙は大丈夫みたいです。 旅行中、灰皿は見かけなかったですが、街中でタバコを吸っている人、道端に車を停めてタバコを吸っている人を結構見かけました。 レストラン等の店内ではもちろん

>続きを読む

2009-11-15 龍の国ブータンへ 7

前回の続き MR.アリーです。 とうとうブータン王国へ到着です。 到着の瞬間は飛行機の窓から見える綺麗な山々の間を低空飛行で着陸に向け高度を落していったので、飛行機の翼が山にぶつかるのではないかと少し心配になりましたが、無事到着。 飛行機を降りて最初に空気が大変綺麗だと直感的に思いました。  標高2000メートル級にある飛行場ですので降りた瞬間に空気が薄く苦しいかもと心配しておりましたが、特に空気

>続きを読む

2009-11-09 龍の国ブータンへ 6

前回の続き とうとうブータン王国研修旅行への出発日となりました。 それまで日常業務がかなり忙しく、もっともっと準備したいことや、ブータン王国について知識をつけて研修旅行に望みたかったのですが残念ながらできませんでした。 そしていつものMR.アリーの悪い癖である、” お金とパスポートさえあれば何とかなる!! “ という諦めに入りました。 忙しいといってもさすがにお金がなければなりませんので取り急ぎ前

>続きを読む

2009-11-06 龍の国ブータンへ 5

前回の続き さて、ブータン王国にはどうやって行くのでしょか? 日本からそしてタイから行くとすると、バンコクから飛行機で行くのが一番便利です。微妙な陸路という方法もあるそうですが・・・・ そして、日本からであるとインド経由もあるそうですが・・・ 一番旅行プランを立て易く便利であるのが、バンコクから飛行機で行くことであると思います。 さて、ブータン王国に就航している航空会社(バンコク発)はというと、

>続きを読む

2009-11-04 龍の国ブータンへ 4

前回の続き ブータン王国に行くにあたり必要なものって何なのでしょう? 1. ビザ (査証) ブータン王国に入国するにはビザが必要です。 インターネットで調べてみてもイマイチビザの申請方法がわかりませんでした。 調べたところ、ブータン王国の認可・登録をされているブータン王国内の旅行会社を通して申請しなければならないということです。 いったいどうすれば???と疑問を頂いていたところに、ウマ パロ, ブ

>続きを読む

2009-11-02 龍の国ブータンへ 3

前回の続き ブータンの最高級ホテルの1つ Uma Paro, Bhutan (ウマ パロ, ブータン) から研修旅行の招待を頂き、早速簡単にブータン王国に関してインターネット等で調べ始めました。 そこでブータン王国に関して得た情報は ● インドと中国にはさまれた小さな国 ● チベット仏教が国教である国  ● 日本からは青年海外協力隊、JICA(ジャイカ)の派遣がさかんな国 ● 生活空間の平均標高が

>続きを読む

2009-10-30 龍の国ブータンへ 2

MR.アリーがブータン王国を意識するようになったのは、2006年6月に開催されたタイ王国プミポン国王在位60周年記念祝典に現ブータン王国のシグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク第5代国王(当時皇太子)が出席されました。 沢山の王国の国王・皇太子等が出席されたこの祝典で一際若く、端正な顔立ちで、大変さわやかな立ち振る舞いで、直ぐにタイ人女性のアイドル的存在となってしまいました。 なんと、現ブータン国王

>続きを読む

2009-10-28 龍の国ブータンへ 1

MR.アリーです。 今年の8月末にブータンの最高級ホテルの1つ Uma Paro, Bhutan ウマ パロ ブータン からのお誘いでブータンへ研修旅行に行ってきました。 ブータンって?? 何??って思われる人もいるかも知れません。 ブータンはれっきとした王国です。 そう言うMR.アリーも2002年まではブータン王国という存在すら知りませんでした。 なぜ、2002年にブータン王国を知ったかというと

>続きを読む