オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

<前回の続き>

部屋に入ってびっくり。
なんとウマ・パロ、ブータンがMR.アリーの為に用意してくれていたお部屋は、なんと

1ベッドルームヴィラ

ウマ・パロ、ブータンでも最上級のお部屋の1つです。

入り口を入ると広々としたリビングルーム、なんと暖炉まであります。

Uma Paro, Bhutan

ベッドルームは肌触りの大変良いエジプト綿を利用したシーツと大変寝心地の良いベッドがあります。

Uma Paro, Bhutan

ベッドルームのカーテンを開ければ、そこにはブータンの大自然が広がっています。

Uma Paro, Bhutan

バスルームはドレッシングルームを含め大変広々としたお部屋に、お洒落なバスタブが佇んでいます。 

Uma Paro, Bhutan

このバスタブに浸かりながら、窓から見える自然を堪能できます。

Uma Paro, Bhutan

シャワーブースはまた別にあり、勿論利用のアメニティーは世界中で定評のある、コモシャンバラのアメニティーです。 短髪のMR.アリーの髪の毛にも一日中シャンプーの心地良い匂いが残っている気がしました。

Uma Paro, Bhutan

そして更に部屋を探索すると(探索するほど広々とした部屋です。) スパルームがありました。 お部屋でスパを楽しめるようにスパ用のベッドが用意されています。

Uma Paro, Bhutan

さらには、高級リゾートのヴィラには標準装備のバトラールーム (流し台、冷蔵庫、食器、グラス類がそろっています。)また、バトラーの部屋への出入口もあります。

Uma Paro, Bhutan

部屋のなかのオーディオは高級で高音質で定評のあるBOSE。 ワイヤレス・ランも装備されています。 さらには、衛星放送で色々なテレビ番組も楽しめます。 もっぱらインド系の番組が多く。 インド文化の影響を相当に受けているのだなと感じました。

Uma Paro, Bhutan

お部屋から一歩外に出ると、大変素晴らしい景色を楽しむことができます。 写真では表現がとても難しいのですが、今まで見たことがない深い色の青空が広がっています。

Uma Paro, Bhutan

Uma Paro, Bhutan

勿論、バトラーのジーワンさんがお部屋を案内してくれた後、

“ 何かあれば、何時でも私に電話を下さい。 

喜んでMR.アリーさんのご要望にお答えします。”

と言ってジーワンさんの電話番号を残してくれました。 サービスも通常の5スターホテル以上に素晴らしさを感じました。

全てのMR.アリーのウマ・パロ、ブータンへの嫌な不安が一気に吹き飛びました。 

<続く>

ブータン王国での宿泊はブータン王国の最高級ホテルの1つ

Uma Paro, Bhutan / ウマ パロ、 ブータン

Uma Paro, Bhutan
http://www.uma.paro.como.bz/

ウェンディーツアー バンコクオフィス
日本語専用ダイヤル   02-216-2201
日本語観光バス・ゴルフツアー・クーポン・スパ部門(09:00〜18:00 年中無休
ホテル・航空券・バンコク発パッケージツアー部門(09:00〜18:00 日曜・祝日休み)