オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

<前回の続き>

ブータン王国そしてウマ・パロ,ブータンでの初めての夕食です。

場所は前回書きましたとおり、

Bhukari

Uma Paro, Bhutan

大変雰囲気の良いレストランです。 レストランのスタッフからメニューを渡されて安心しました。
ブータン料理だけということはなさそうです。 英語のメニューの大半は洋食でありました。

その中で、今回の研修旅行参加者の目を引いたのが、スペシャル・マッシュルームと書かれた品でした。

ブータンに入国してから、 

ブータン = 松茸

というイメージがありましたので、スペシャル・マッシュルーム=松茸と勝手に想像をしてみました。
英語のメニューで英語での料理の説明のため、いまいちどんな料理か想像できないまま注文をしてみました。

そして、乾杯はやはりご当地ローカルビールです。

Red Panda (レッドパンダビール)

Uma Paro, Bhutan

という少し怪しそうなローカルビールで乾杯しました。 
少し沈殿物が目立ちましたが、想像以上に美味しかったです。

それでは、食事です。

<前菜 サラダ>

Uma Paro, Bhutan

Uma Paro, Bhutan

<メイン・ディッシュ>

Uma Paro, Bhutan

Uma Paro, Bhutan

Uma Paro, Bhutan

MR.アリーはビーフ・ステーキを食しました。 
牛肉のステーキに関してはタイに比べて大変レベルが高く美味しかったです。 他の料理も少し食べさせて頂きましたが、流石はブータン王国の最高級ホテルの1つです。 

全ての料理がとても美味しかったです。

尚、スペシャル・マッシュルームはやはり松茸でした。 色々なキノコと合わせた料理です。 

Uma Paro, Bhutan

洋食風に贅沢に調理されていました。 こちらも香ばしく大変美味しかったです。

MR.アリーは意外に食に関してデリケートであるので、少し心配していましたが、ウマ・パロ,ブータンで夕食を食べて要らぬ心配でした。 
秘境と言われる場所にきて美味しい料理を頂くというのはなんと贅沢なことなんだろうと思いました。

続く

ブータン王国での宿泊はブータン王国の最高級ホテルの1つ

Uma Paro, Bhutan / ウマ パロ、 ブータン

Uma Paro, Bhutan
http://www.uma.paro.como.bz/

ウェンディーツアー バンコクオフィス
日本語専用ダイヤル   02-216-2201
日本語観光バス・ゴルフツアー・クーポン・スパ部門(09:00〜18:00 年中無休
ホテル・航空券・バンコク発パッケージツアー部門(09:00〜18:00 日曜・祝日休み)