オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

♪ときにはだれかーとくらべたいー 私のほうが幸せだってー♪
(Can’t Stop Fallin’ Love/Globe)

 
どうも、ホーチミンのよたです!

 
グローブ、懐かしいですが、いいですよねぇ。
流行ってたのは小学生の頃でしたけれども、好きでした♪

 
でも、今日の話題はグローブじゃなくて、マングローブです。
少し前になりますが、ホーチミンから南の、海のほうに下った、カンザーというところにマングローブを含む植樹を行っている場所があると聞き、みてきました。

 
マングローブの森↓
IMG_6227_resize
青々とした木が茂っている森があり、本当に植林が必要なのか? と思いましたが、写真のあたりも戦争中の枯葉剤の影響等により荒地となり、ちょっとずつ植林で増やしてきたとのこと。

 
ムツゴロウ_resize
↑見えにくいけど、ちっちゃなムツゴロウもいました。
真ん中の、矢印みたいなやつ。。

 
マングローブの素_resize
↑なんだかわかりますか?
これが木から落ちてきて、地面に刺さり、ここから芽が出て、葉が出て、マングローブになっていくのです。いわば、これがマングローブの『素』。
土や水の条件が合うように土地を作り、木を植え、この『素』が自然と地面に落ちるようになるまで、地元の人々は手入れを続けるわけです。
大変な作業だ。。

植樹地_resize

植樹地2_resize
↑こちらが植林地。
先ほどの森から車で10分くらいのところなのですが、乾いた砂の、広々とした土地がありました。
もちろん、枯葉剤の影響で荒地と化した部分もあるのでしょうが、同時に周りにはえびの養殖池がたくさん。以前えびについては書いたことはありますが、私の大好きなえびも、やはり環境に付加を与えているのは、間違いなく事実だと思うので、やや複雑。
展示室写真2_resize

 
展示室写真3_resize
↑……植樹をしている人々の写真、の、写真。
私自身は(決して視察費用をケチったわけではありませんが!)植樹は諸事情によりできませんでしたので、植樹前にブリーフィングを受ける資料室に飾ってあった写真、の、写真を撮ってきました!
植樹は苗を植える場合と、先ほどの”素”を直接地面にさしていく場合とあるようです。
植えていく木は、マングローブには限りません。
自生していける森を作らなければなりませんので、その場所にあった木を植えていくわけです。

 
6時にホーチミンを出たら、11時頃には植樹は終了です♪

 
いいことするとお腹がすくもの。
弊社で植樹をお申し込みいただいた場合、お昼も海辺の綺麗なレストランでおいしいベトナム料理のセットメニューをお取りいただけます♪
ランチ_resize

さらにさらに、ワニ園・サル園や、マングローブの森モーターボートクルーズ(大迫力!)、解放戦線の基地見学などもオプションでお申し込みいただけます。
*モーターボートについては天候と潮の干満により催行の可否が決定されます。
OPワニ園2_resize

個人のお客様向けにもご案内可能ですが、前回ご案内した『アオザイ教室』同様、グループでお申し込みいただけますと、お得な料金でご案内が可能です。
参加予定日の2週間程度前までにはお問い合わせをいただけますようよろしくお願いいたします。
暑さを避けられる、動きやすい格好でご参加いただければ、特に植樹に必要なものはございません。
あ、グローブ(軍手)は含まれませんが、有料でご手配可能です。

 
自然、戦争、歴史、経済発展、異文化、そういったものを同時に体験できる植樹、お問い合わせをお待ちしております♪