オブショナルツアー、現地ツアー、定期観光バスなら、ウェンディーツアーにお任せください

現地スタッフブログ

こんにちは!
ハノイに来て2週間のこゆめです。

 

バイクの多さにも慣れてきて
町の賑やかさを楽しめるようになってきました^^

 

だけどやっぱり、
自然を感じたくもなってきたな…
とのことで、かの有名なハロン湾に行ってきました!!!!

 

 

ハロン湾は、ハノイ市内から車で約2時間半で行くことができます。
昔は高速道路がなかったので、片道4時間くらいかかったそうですが、
今ではとても行きやすくなりました。

 

ハロン湾は、1994年にユネスコから世界自然遺産に指定されました。
その神秘的な景観に、世界中の旅行者が惹きつけられているようです。

 
ではさっそく、どんな世界が広がっているのか、覗いてみましょう!

 

 

 

まずはカウンターを通り抜けます。こちらのカウンター、チケット売り場です。
壁に8つの都市の時計がかけてありました。
“TOKYO”の時計もあります!!

そして港はこんな感じです↑↑
ヤシの木があって、南国っぽいゆったりした雰囲気です!

 

港には、いくつものクルーズ船が並んでいました。
今回私たちが乗ったのは、こちら↓↓

いい感じです♪

 
いよいよ、ハロン湾に出航です!

 

 

クルーズ船の中は広々としています。
エアコンはありませんが、外から吹いてくる風がとっても気持ちよく快適です。

 

 

しばらくすると、遠くの方に橋が見えました!
「あの橋は、日本が作ってくれた橋なんです」とガイドさんが説明をしていました。
ハロンの町と町をつなぐ、重要な橋なんだそうです。

 

 
さらにどんどん進んでいくと、

お食事が運ばれてきました!お昼ご飯です!
どんどん運ばれてきて、最初に来たエビしか写っていませんが、全部で6皿くらいでした。

 

ベトナムでは、フレンチと違い、一皿ずつは出しません。
たくさんのお料理が一気に運ばれてきて、自分で好きなだけ好きなものを食べるスタイルです。
大盛りのシーフード料理を食べながら、ハロン湾クルーズなんて最高ですね!

 

 
ご飯を食べ終わり、少しゆっくりしていると
ガイドさんが1つの岩を指差しました。

その岩がこちら。

 
数ある岩の中で、この岩はなにか特別なものなのでしょうか?

 

 

 
実は、

20万ドンの紙幣の裏側に、描かれているんです。
香炉岩という名前もあります!
教えてもらえなかったら、完全に見逃していました!!

 
この時、私は20万ドン札をちょうど持っていなかったので、一緒に撮れませんでした。
ちょっと残念!
と、思っていると、クルーズ船がある岩まで近寄っていきました。

それがこの岩です↑
こちらは闘鶏岩という名前だそうです。
2羽のニワトリが戦っているように見えることが由来です。
ハロン湾のシンボルでもあるこの岩、見れてよかった!!

 

 
いろんな岩を見ているうちに、あっという間にティエンクン洞窟に着きました。
ここももちろん世界遺産です。

こちらの看板はベトナム語で、ティエンクン洞窟と書いてあります。
50段くらいのちょっと急な階段を登っていくと、鍾乳洞の入り口に着きました。

中はこんな感じです。夏でもすごく涼しかったです。
写真では伝わりにくいですが、とても広く、足場も良いので、ゆっくり見学できました。

鍾乳洞から出たところの眺めもとても良かったです!
見学はだいたい30分くらいでした。

港までは、ハロン湾の景色をじっくり眺めながら帰りました。

 

 

ハロン湾と、ティエンクン洞窟。2つの世界遺産を堪能できて大満足の1日でした!
実際に訪れてみて、世界中の旅行客を惹きつける理由がわかったような気がします。
1度だけでは物足りない、そんな気持ちにさせられる場所でした。

 

 

 

このツアーのお申し込みはこちらから!