《2020年最新情報》シンガポールの酒・タバコ・電子タバコ事情と持ち込み制限のまとめ【シンガポール・旅行情報】

 

海外渡航時に気になることと言えば、渡航先のお酒やタバコ事情なのではないでしょうか?

 

お酒やタバコに関する法令は各国異なります。

事前に何も知らずに渡航し、渡航先にて法令違反で罰せられる…

なんてことになっては困りますので、

今回はシンガポールの酒・タバコ・電子タバコ事情についてまとめたいと思います!!

 

【目次】

シンガポールのお酒事情
シンガポールのタバコ事情

シンガポールの電子タバコ事情 

 

シンガポールのお酒事情

●お酒の持ち込み制限

1人あたり蒸留酒、ワイン、ビール各1リットルまで

 

シンガポールの場合、お酒の種類や量以外にも下記の制限がありますのでご注意ください。

①年齢が18歳以上である
②シンガポール到着前にシンガポール国外に48時間以上滞在している
③マレーシア以外の国から到着している
④酒類が個人消費を目的としたもの

 

●シンガポールでのお酒の値段

シンガポールで一番手に入りやすいお酒はビール!!中でも一番人気なのはこちらのタイガービールです。シンガポールに渡航経験がある方は必ず見たことがあるはず。タイガービールは東南アジアを代表するビールです。

【お酒の店頭価格】

ビール(350ml缶) SGD5.00~ 日本円で約400円~
ワイン SGD12.00位~ 日本円で約960円~


【お酒の屋台価格】

ビール(350ml缶) SGD5.00~ 日本円で約400円~
ビール 大瓶 SGD12.00~ 日本円で約960円~
ワイン 置いてない場所が多い 日本円で約207円~

 

●シンガポールではいつでもどこでもお酒の購入が可能?

シンガポールでは2015年4月1日に施行された酒類規制法によって、22:30-07:00まで、コンビニやスーパーマーケット等の公共の場での酒類の販売は禁止されています。又、レストランやバーなど特別に許可された場所以外での公共の場での飲酒も禁止されています。

 

違反した場合の罰則は下記の通りです。

初犯の場合→1,000シンガポールドル(日本円で約7万9千円)以下の罰金

再犯の場合→2,000シンガポールドル(日本円で約15万円)以下の罰金、又は3ヶ月以下の禁錮刑

 

但し、レストランやバーは許可を取得済みなので、22:30以降でもお酒を飲むことが出来ます。ホテルの部屋や家の中は公共の場ではないので、いつ飲んでも大丈夫です。

 

シンガポールのタバコ事情

●タバコの持ち込み制限

すべて課税(400g以上は事前に申告要)

 

シンガポールで購入したタバコには全て「SDPC」というシンガポールの納税済みの証明が付けられており、このマークが付いていないタバコの所持は罰金の対象となります。日本からタバコを持ち込む際には、税関での申告の際に発行される証明書を必ず携帯してください。

 

●シンガポールでのタバコの値段

Marlboro SGD14.10~ 日本円で約1120円~

 

●シンガポールではどこでタバコが買えるの?

シンガポールではタバコの陳列販売が禁止されています。その為、一見タバコの取り扱いが無いのかな?と思いますが、シンガポールの殆どのコンビニでタバコは販売しています。タバコを購入したい場合はレジに並び店員さんに「タバコください」と伝えます。そうすると店員さんが出してくれます。

 

●シンガポールではどこでタバコが吸えるの?

シンガポールではショッピング・モールや飲食施設などのエアコンが効いた場所は全面的に禁煙です。一部の娯楽施設や屋外の飲食施設では、喫煙指定場所が設けられています。

 

タバコに関する罰則は下記の通りです。

 

①喫煙所以外での喫煙1,000シンガポールドル(日本円で約7万9千円)の罰金

②SDPCのマークが付いていないタバコの所持→一箱につき500シンガポールドル(日本円で約3万9千円)の罰金

③タバコのポイ捨て→300シンガポールドル(日本円で約2万3千円)の罰金

 

シンガポールの電子タバコ事情

●電子タバコの持ち込み制限

シンガポール国内では電子タバコの所持が禁止されています。

 

いかなる理由があっても絶対に持ち込まないようにしてください。シンガポール国内で所持しているだけで、最高で5,000シンガポールドルの罰金(日本円で約39万円)が科されます(初犯の場合)。シンガポールへ渡航される場合は十分にご注意ください。

 

【《2020年最新情報》東南アジアの酒・タバコ・電子タバコ事情と持ち込み制限のまとめはこちらから】

 

シンガポール旅行に関してのお問い合わせはウェンディーツアーまで!!