2017年1月20日ウブドにオープンの「星のやバリ」潜入取材〜客室編〜【バリ島・ホテル情報】

 

運河が流れる「バリの集落」で心の原点に回帰する

 

「バリの集落」をコンセプトに造られた「星のやバリ」の大きな特徴ともいえるのが客室を囲むように備わった運河プール。このような形式のプールは、これまでのバリで見かけることがなかったものだ。1日に何度も水浴びをして快適さを保つのが熱帯気候のバリ島の習わしであり、この習慣を体感できるようにと24時間いつでもヴィラから直接入れるようにとなっている。バリ島の花鳥風月から名前が付けられたヴィラのタイプは3つ。どちらのタイプのヴィラにも、自然の風が感じられるリビングスペースやゴロゴロできるバリ風東屋が設けられている造りとなっており、伝統的なバリの集落の中で暮らすように滞在できる。また、壁面には大きな木の透かし彫りが配置され、間接照明の明かりに照らされた見事な空間を演出している。バリの職人たちによる伝統工芸の技が活かされた客室には静けさと厳かさが漂い、訪れるものを独自のワールドへと誘う。

プールを取り巻くように設計された客室からは、まるで水辺に設けられた伝統的集落に紛れ込んだかのように、対面の客室やガゼボが軒を連ねる風景が見渡せる

各ヴィラの集落には田舎の村に紛れ込んだかのような路地が通っている

インドネシア語で「月」を意味するヴィラ・ブランは、運河プールの前にプールサイドリビング、その上にはバリ風東屋が備わった贅沢で優雅な造り

バリ島の花の名が付けられたヴィラソカはメゾネットタイプのお部屋で、2階部分には360度の視界が確保されたベッドルーム、1階部分には室内と半屋外のリビングが備わっている

バリ島に生息する幻の鳥、ジェラク・プティからその名が付けられたヴィラ・ジェラクは、段差の少ないフラットな造りなので小さなお子様やご高齢の方などとの滞在におすすめ


星のやバリ

Br.Pengambungan,Desa Pejeng Kangin,Kecamatan Tampaksiring,Gianyar

http://hoshinoyabali.com/

その他の記事はこちらから→「星のやバリ」潜入取材〜概要編〜

             「星のやバリ」潜入取材〜ガゼボ編〜

             「星のやバリ」潜入取材〜レストラン編〜