≪クアラルンプール≫人気のおすすめ観光・世界遺産マラッカの旅

こんにちは!インターンの一戸です。
Wendy Tourのマラッカ日帰りツアーで巡る、instagrammable tour!
マラッカの魅力的な観光スポットを一挙ご紹介致します。


マラッカは、街全体が世界遺産に登録されているマレーシアの古都です。「マレーシア最古の街」とも呼ばれていて、ヨーロッパに統治されていた時代の名残を残す建物が多く存在し、マレーシアの歴史を感じ取ることができます。

 

1.Masjid Salet Maleka
マラッカ海峡に浮かぶ、通称「マラッカ海峡モスク」です。白色が美しいこのモスク、正面から見るとこんな感じです。手前のお庭と一緒に素敵な写真が撮れました。

中に進んでいくと、、、モスクに入場する前にこのような衣装に着替えました(笑)

ちなみにこれは、着替えてモスクの中を進んだところにある、広いバルコニーのような空間で撮ったものです。後ろに広がるマラッカ海峡が綺麗でした。
私は、半袖にショートパンツだったので、必ず着用しなくてはいけませんでしたが、女性の方は足下まで長い服でも着替えるように言われていました。
モスクを出て右側に行くと、、、モスクとマラッカ海峡が一緒に撮れるベストな写真スポットが!天気も良かったのでとても綺麗に撮ることができました。

 

2.青雲亭(Cheng Hoong Teng Temple)

こちらは、マレーシア最古の仏教寺院である青雲亭です。
明の永楽帝に仕え、東南アジアからインド洋、アラビア海までの大航海を編成した鄭和の功績を称えた寺院だとされています。

中に入ると、ちょうどお坊さんがお経を唱えているところでした。
壁の装飾も一つ一つ丁寧で丁寧でした。

 

3.マラッカ川

ジョンカーストリートを越えて次に向かった先は、マラッカ川です。

ちなみに、このジョンカーストリート、週末の夜には夜市が開かれとても賑やかになるそうです。近くにはゲストハウスも多く並んでいたので、夜市まで楽しみたい方は是非利用してみてください。

ババ・ニョーニャ文化が栄えたマラッカならではのニョーニャ料理も食べることができます。ニョーニャ料理は、中華料理とマレー料理の融合で、食べやすくとても美味しかったです。
*ババ・ニョーニャとは
マレーシアに渡った華人男性と現地のマレー系女性の間に生まれた子供の子孫のこと

その先には、このような綺麗な壁絵が並んだお家がずらりと並びます。

マラッカ川に続くこの道は、このように写真を撮る人でとても混みあっていました。

 

4.オランダ広場(Dutch Square)

オランダ統治時代の建物が多く、時計台やキリスト教会など、当時の雰囲気が色濃く残るオランダ広場です。ピンク色の建物が可愛らしい、こじんまりとした広場でした。

広場の周りにある、このようなトライショーという三輪車タクシーのような乗り物に乗って広場の周辺を散策することができます。それぞれの三輪車にキャラクターのコンセプトがあるようで、見ていて楽しかったです。オランダ広場に行ったら是非乗ってみてください!

 

5.セント・ポール教会(St. Paul’s Church)
セント・ポール教会では、ザビエル像がお出迎えしてくれます。

マラッカ王朝がポルトガルによって占領され、それに伴い教会の建設に至りました。

壁にいくつも立て掛けられているのは墓石です。
教会の中は、天井が吹き抜けになっていて、天気の良い日だと日の光が差し込んで神秘的な雰囲気です。

 

6.サンチャゴ砦(Port de Santiago)


サンチャゴ砦は、オランダ統治時代、オランダ軍が敵国であるポルトガルの攻撃から守るために、この砦を築いたと言われています。砦の左側には大砲も見えますね。

砦に施された彫刻から当時の歴史的背景がうかがえるようです。
皆さん、以上マラッカに来たら絶対行くべき!観光スポットでした。いかがだったでしょうか?


マラッカ王朝の歴史跡を残す遺跡の数々と、インスタ映え間違いなしのフォトジェニックスポットまで、魅力満載の古都マラッカ。マレーシアへお越しの際は是非一度ご覧になってみてください!

Wendy Tourのマラッカ観光ツアーでは、以上の観光スポットをすべてお楽しみ頂けます。
K14 午後発!電車で行くマラッカ観光 ~マラッカ海峡の水上モスク鑑賞つき~

 

お問い合わせ

↓↓お問い合わせはこちらから↓↓

 

マレーシア旅行に関してのお問い合わせはウェンディーツアーまで!!