マレーシア現地旅行会社のインターンシップ生によるインタビュー~現地のローカルスタッフ編~

 

今回は弊社で現在インターンシップ中の泉さんが、

現地のローカルスタッフの方々にインタビューしました!

 

一人目のインタビューはNaniさん!

 

Q1:どのような仕事を担当していますか?

Naniさん:私は経理部で働いています。主な仕事は、支払いをしたり、経理システムにいくつかの経理書類を記録したりすることです。

 

Q2:なぜこの会社を選んだのですか?

Naniさん:私は旅行が好きなので、この会社で働くことで旅行に関する知識を得ることができるからです。

 

Q3:仕事の中で最もやりがいのあることは何ですか?

Naniさん:私の仕事で最もやりがいのあることは、特に今回のパンデミックの際に、ビデオの編集など、今までやったことのないような新しい仕事をたくさん受けることです。そのため、与えられた仕事をこなすために、勉強する必要があります。

 

Q4:現在のパンデミック中、旅行業界で働くことに不安はありませんか?

Naniさん:正直なところ、このパンデミックが起きてから、一番打撃を受けているのは海外または国内すら旅行に行けない旅行業界です。今はまだ政府が旅行活動を認めていないので、会社の主旨を維持するのが大変です。

 

Q5:現在のパンデミックで大変だと思いますが、あなたはこの会社で何を達成したいですか?また、モチベーションは何ですか?

Naniさん:特にこの厳しい時期に、会社がビジネスを継続できることを願っています。私が一生懸命働くモチベーションは、今は誰もが苦しい時期を持っていることを知っているので、この厳しい時期を一緒に生き抜くために何かをしなければならないということです。

 

Q6:マレーシアで働く上で、日本人が気をつけるべきことは何ですか?

Naniさん:マレーシアの主な宗教はイスラム教ですので、イスラム教の人たちは宗教上守らなければならないルールがあることがあります。例えば、ハラルフードに関することや、タイムプレイヤーに関することなどです。

 

Q7:マレーシアでのお気に入りの場所はどこですか?

Naniさん:私にとって、マレーシアで一番好きな場所はコタキナバルです。なぜなら、海外旅行で行くような自然に近い、美しい場所がたくさんあるからです。例えば、クンダサンはニュージーランドのような場所ですね。

 

Q8:日本の文化について、驚いたことはありますか?

Naniさん:日本の文化についてあまり知らないので、日本の文化の何に驚いたのかよくわかりません。

 

二人目のインタビューはLelaさん!

 

Q1:どのような仕事を担当されていますか?

Lelaさん:ザハラプロダクションと一緒に仕事をしているので、マレーシアで日本の映画を撮影する際のロケ地、交通手段、現地通訳の手配をお願いしています。他には、マレーシア政府への許可申請・手続き、アカウント会社です。

 

Q2:あなたの仕事で最もやりがいのあることは何ですか?

Lelaさん:日本のプロダクションが撮影のために要求するすべてのロケーションの承認を得ること(通常は直前に要求されます)。また、パンデミックの影響で、今までやっていたこととは違うことをやっていますがそれもやりがいがあります。

 

Q3:現在のパンデミック中、旅行業界で働くことに不安はありませんか?

Lelaさん:もちろん、旅行業界は直接影響を受ける分野なので、心配です。

 

Q4:現在のパンデミックで大変だと思いますが、あなたはこの会社で何を達成したいですか?また、モチベーションは何ですか?

Lelaさん:私はこの会社で20年以上働いているので、この会社には絶対に成功してほしいと思っています。世界中が大変な時だからこそ、一緒に生き残りをかけて戦っていきたい。

 

Q5:マレーシアで働く上で、日本人が気をつけるべきことは何ですか?

Lelaさん:一般的に、マレーシアの主な宗教はイスラム教であり、マレー人に関するハラルフードを知っていることに加えて、[男女のモスリン]に触れてはいけないなどの社会的な制限がある。

 

Q6:休みの日は何をしていますか?

Lelaさん:寝る、休む、好きな番組を観ます。 

 

Q7:好きなマレーシアの食べ物は何ですか?

Lelaさん:ナシレマックとチキンレダンです。 

 

Q8:日本の文化について、驚いたことはありますか?

Lelaさん:はい。日本に旅行に行った際、目的地に行くのに迷ってしまい、日本人に聞いてみたところ、仕事中にもかかわらず、とても親切に目的地まで連れて行ってくれた経験があります。 

 

三人目のインタビューはMarlinaさん!

 

Q1:どのような仕事を担当していますか?

Marlinaさん:私のメインの仕事はアカウントです。でも実際には、コタキナバル側の予約受付やオペレーションなど、マルチタスクの仕事もしています。

 

Q2:仕事の中で最もやりがいのあることは何ですか?

Marlinaさん:私の仕事で最もやりがいを感じるのは、特に同僚とのミスコミュニケーションに直面したときです。ミスコミュニケーションは、チームワークの欠如によるパフォーマンスの低下につながる可能性があります。

 

Q3:現在のパンデミック中、旅行業界で働くことに不安はありませんか?

Marlinaさん:パンデミックの影響を最も受けているのが観光産業であることは否定できません。いつ回復するかは予想がつきません。その一方で、多くの企業がサービスを停止せざるを得なくなり、多くの人が職を失っています。

 

Q4:現在のパンデミックで大変だと思いますが、あなたはこの会社で何を達成したいですか?また、モチベーションは何ですか?

Marlinaさん:今までやったことのないことを学んで、会社に貢献したいです。そしてもちろん、この会社には絶対に成功し続けてほしいと思っています。私のモチベーションは、観光業界の友人の多くがcovid-19によって仕事を失っていることを知っているからです。だから、できる限り頑張りたいと思っています。

 

Q5:日本人がマレーシアで働く際に気をつけることは何ですか?

Marlinaさん:マレーシアには、日本の文化とは全く異なる伝統があります。カルチャーショックを避けるために、マレーシアで働く前にいくつか知っておいた方がいいと思います。しかし、マレーシア人のほとんどがフレンドリーで、人を助けるのが好きなので安心して下さい。

 

Q6:お勧めの食事はありますか?

Marlinaさん:ナシレマック、チキンカレー、ラクサなど、マレーシアの代表的な食べ物です。

 

Q7:日本に行けるとしたら、どこに行きたいですか?

Marlinaさん:桜の季節に京都に行きたいですね。日本の同僚から、桜の季節の京都は美しいと聞きました。

 

Q8:日本の文化について、驚いたことはありますか?

Marlinaさん:あまりよくわかりません。私が知っている日本人のほとんどは、すでにサバ州に長く住んでいます。そして、ほとんどの場合、地元の人々のように行動しています。

 

四人目のインタビューはAi Suanさん!

 

Q1:どのような仕事を担当していますか?

Ai Suanさん:部屋やレストランの予約、ガイドや交通機関の手配、支店の会計などを担当しています。

 

Q2:仕事で一番やりがいを感じることは何ですか?

Ai Suanさん:一番やりがいを感じるのは、ツアーの旅程が当初の計画とは異なっても、すぐに問題を解決することです。

 

Q3:なぜこの会社を選んだのですか?

Ai Suanさん:私がこの会社を選んだ理由は、この会社では自分の知識やスキルを向上させ、より多くのことを学び、旅行ルートの知識を深めることができるからです。

 

Q4:仕事の中で最も困難なことは何ですか?

Ai Suanさん:パンデミックの時です。今の仕事でやりがいを感じるのは、ビデオやSDGsの編集を覚えることです。

 

Q5:現在のパンデミック中、旅行業界で働くことに不安はありませんか?

Ai Suanさん:旅行業界は直接影響を受ける業界なので、心配です。いつになったら観光客の受け入れが再開されるのかわからない。

 

Q6:現在のパンデミックで大変だと思いますが、あなたはこの会社で何を達成したいですか?また、モチベーションは何ですか?

Ai Suanさん:観光産業は、パンデミックの影響を最も受けた産業の一つですが、長期的には、パンデミック後の時代に観光産業は「ニューノーマル」を必要としており、ローカルな旅行や自然への回帰が新しいトレンドになるでしょう。新しいもの、異なるもの、驚きを知ることは、私が頑張るモチベーションになります。

 

Q7:日本人がマレーシアで働く際に気をつけることは何ですか?

Ai Suanさん:マレーシアには、労働時間や休憩時間など、独特の労働文化があります。これは、日本とは異なるものです。マレーシアの労働文化に適応するには、マレーシア社会の階層文化を理解し、マレー語の読み書きを習得することが一番の近道です。

 

Q8:マレーシアでのお気に入りの場所はどこですか?

Ai Suanさん:マレーシアで私が好きな場所は、2008年にユネスコの世界遺産に登録されたマラッカです。この街は、マラッカ海峡沿いの歴史的、文化的、そしてコロニアルな雰囲気を持っています。地元の建築物や食べ物、有名なジョンカー・ストリート・ナイト・マーケットなどが魅力的です。

 

Q9:好きなマレーシアの食べ物は何ですか?

Ai Suanさん:肉骨茶(バクテー)です。

 

Q10:休みの日は何をしていますか?

Ai Suanさん:ゆっくり休んだり(寝たり)、ドラマを見たりしています。

 

Q11:日本の文化について、驚いたことはありますか?

Ai Suanさん:日本では、春、夏、秋、冬にかかわらず、冷たい水を飲むことがよくあります。マレーシアでは、冷たい飲み物は健康に良くないと感じている人が多く、食事の際に冷たい水を飲む習慣がありません。これはマレーシアと日本の食文化の違いと言えるのではないでしょうか。

 

夏季参加者集中募集!!オンラインでインターンシップ体験!

マレーシア現地旅行会社でオンライン海外インターン

オリジナリティー溢れるツアーの新企画に挑戦!面白いものは商品化のチャンス!海外就職を目指す方、グローバルな仕事に就きたい方にお薦めです!

【料金】全5日間 MYR750

※大学生以上が対象となります(高校3年生は要相談)

 

 

お問い合わせ

↓↓お問い合わせはこちらから↓↓

 

マレーシアへの渡航に関するお問い合わせはウェンディーツアーまで!!

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

 


【ウェンディーツアー新事業のお知らせ】

日本国内にてカフェインレスコーヒー販売を始めました!

 

東京都内・神奈川県内にてキッチンカーでマレーシア料理の販売を始めました!