【インドネシア入国】電子税関申告書の事前申請/e-CD (Electronic Custom Declaration)登録方法

 

【2022年10月14日更新】

インドネシアに入国する際に必要な「電子税関申告書の事前申請」。今まで税関申告書は機内にて用紙で配布されていましたが、現在はオンラインでの事前申請となります。スカルノ・ハッタ国際空港、またはングラ・ライ国際空港到着時に、事前申請で取得したQRコードを税関職員に提示する形となります。申請内容はこれまでの紙の税関申告書と同様です。そこで今回はオンライン上での申請手順をご紹介いたします。

 

 

e-CD (電子税関申告書)の申請サイト

e-CD (電子税関申告書)の申請は下記URLより可能です。

https://ecd.beacukai.go.id/

※今回はパソコンで登録した場合の画像を掲載しています。携帯電話で登録する場合も内容は同じです。

 

Infomation of Passenger/乗客の情報

言語は英語とインドネシア語の2か国語対応となります。

 

※職業の選択肢

  • Civil servant=公務員
  • Private employ=会社員
  • Entrepreneur=自営業
  • Student=学生
  • Pilot=パイロット
  • Steward/Stewardess=スチュワード/スチュワーデス
  • Diplomat=外交官
  • Other=その他

 

Additional Data/追加情報

 

information of goods/商品情報

質問:下記の物を持っていますか?

  1. 動物、魚、植物(動物、魚、植物に由来する製品を含む)。
  2. 麻薬類、向精神薬、前駆物質、医薬品、小火器、空気銃、刃物類(刀、ナイフ等)、弾薬、爆発物、ポルノグラフィ。
  3. 小切手、トラベラーズチェック、約束手形、または郵便振替で、ルピアまたは外貨で1億ルピア以上の金銭または証券類。
  4. 10億ルピア以上に相当する外国紙幣。
  5. 乗客:1人につき紙巻きタバコ200本以上、葉巻25本または刻みタバコ100g以上、また、アルコール飲料1Lを超える量。
    乗務員:1人につき紙巻きタバコ40本以上、葉巻25本または以上またはきざみタバコ40g以上、また、アルコール飲料350mlを超える量。
  6. 海外で購入したもののうち、インドネシア出国時に持ち帰らない品物で1人50米ドル(乗務員)または500米ドル(乗客)を超えるもの。
  7. 商業用商品(販売品、商品サンプル、産業用品、または携行品とは見なされないもの。)
  8. BC3.4で申請したインドネシアからの持ち戻り品(※BC3.4の申請書とはインドネシアから持ち出して日本から再び持ち戻る物品の申請書。)

 

IMEI Registration/IMEI(端末識別番号)登録

海外で入手したIMEI未登録の携帯電話、ハンドヘルドパソコン、タブレットパソコンを所持しているかの質問です。

 

Agreement/合意

 

QRコード取得

このQRコードをプリントまたはダウンロードし、このQRコードを到着した空港の税関申告書提出デスク職員に提示してください。

 

登録完了後、登録したメールアドレスに税関より自動送信メールが送られてきます。メール内にはインドネシア語と英語で同じ内容が書かれています。貼られているリンクにアクセスするとQRコードが表示されます。

 

これでオンライン税関申告書の事前申請の登録は完了です。

 

弊社では、B211Aビザ、ホテル、送迎、車チャーター、ツアー等のご予約を承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください!⁡⁡